« 下品すぎる男 | トップページ | ビデオゲームミュージアム ロボット深谷(6) »

2015年2月13日 (金)

鉄は熱いうちに打て

ゴルゴ13のガンシューティングがやりたくて設置店を探すと、宮城県の漫喫(元ゲーセン)と愛知県の天野ゲーム博物館が見つかった。

天野ってそういえばどこなんだろうと地図を見ると、だいたい豊橋と名古屋の間辺りで、2年前に名鉄蒲郡線の撮影で立ち寄った蒲郡市からそう離れていないようだった。

自宅(新白岡)から博物館最寄の名鉄西尾線西尾駅まで片道10,400円。新幹線を自由席にすれば9,880円で1万円で釣りが来る。ビジネスホテル(6,000円)に泊まるとして全込み3万円。

天野に行きたい。だが3万円は即決できる額ではない。しかし天野は永久にあるわけではない。行かなかったら後悔するかもしれない。

「行かずに後悔するより行って後悔しろ」
「鉄は熱いうちに打て」

いま、こんな言葉が頭の中を堂々巡りしている。


★ゲーム
お休み。気が乗らない日はやらない。義務にはしない。

|

« 下品すぎる男 | トップページ | ビデオゲームミュージアム ロボット深谷(6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄は熱いうちに打て:

« 下品すぎる男 | トップページ | ビデオゲームミュージアム ロボット深谷(6) »