« 秋葉原トライアミューズメントタワー ~ Hey(2) | トップページ | 秋葉原トライアミューズメントタワー ~ Hey(3) »

2014年11月22日 (土)

腰痛

金曜日の朝、ぎっくり腰もどきをやってしまった。
洗面所で顔を洗おうと屈んだら腰にピキッと…。寒い時期に油断するとやってしまう。腰痛は一度やるとクセになるから厄介だ。

日曜は久しぶりに山登りを考えていたが、腰痛では無理なので、深谷か秋葉原のゲームセンターに行くと思う。

現在、R-TYPEをスコアアタックできるゲームセンターは東京と埼玉で計4店舗。4店舗とも台の状況が異なるのが興味深い。

埼玉「ロボット深谷」
レバーは柔らめ
30連ボタン付き

東京「トライタワー」
レバーは固め
15連/30連ボタン(切り替えスイッチ付き)

東京「Hey」
レバーはちょうど良い固さ
15連/30連ボタン(手元切り替えスイッチ付き)

東京「高田馬場ミカド」
レバーはかなり固め
10連/15連/30連/フォース連ボタン

設備面ではミカドが圧勝。数々の装置は全国一位スコアを保持しているK氏の要望に沿ったものだそうだ。彼は固めのレバーを好む。
ちなみにミカドは遠い上、雰囲気が苦手なので最近は行ってない。あそこは昔知り合った知人が多いのだが、顔見知りなのにプレイ中の私の周りをちょろちょろして様子を探りに来たり、よそ者と思しき上級者が現れると徒党を組んで陰から観察したりなど、素直に話しかければいいものを、まるで村社会というかコミュニティ障害者のような振る舞いをしてくるのでどうも苦手だ。しかも一部の店員は態度が非常に悪い。良くも悪くも昔のハイスコア集計店の雰囲気を保っている。
なおK氏の名誉のために書いておくと、彼は性格が温和で他人に攻撃的または閉鎖的には振舞ったりはしない。一般人からすればミカドの中では良識人として映るだろう。

遊びやすさではHeyがベスト。レバーの固さが4速プレイの制御に適しており、手元で15連と30連を切り替えられるのが7面の稼ぎで大変便利。ただしHeyは混むので夜しかプレイできないのが困りどころ。

雰囲気とプレイ周りの環境面ではロボット深谷の圧勝。トライがその次。ロボット深谷は心置きなくスコアアタックに没頭できる。

|

« 秋葉原トライアミューズメントタワー ~ Hey(2) | トップページ | 秋葉原トライアミューズメントタワー ~ Hey(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腰痛:

« 秋葉原トライアミューズメントタワー ~ Hey(2) | トップページ | 秋葉原トライアミューズメントタワー ~ Hey(3) »