« 思川サイクリングロード ~ 栃木駅(輪行) | トップページ | レトロ自販機店「まんぷく」 »

2014年8月16日 (土)

特急しもつけ完全乗車ほかゲーセン巡り

先月、東武宇都宮駅から輪行した際、特急しもつけ号と交換した。
そのとき見たしもつけ号の乗客はわずか10数人で、東武宇都宮線の寂れた雰囲気と相まり、無性に乗ってみたい衝動に駆られた。

…で、乗ることにした。
乗るからには始発駅の浅草駅から乗り通したい。
だが、そのために浅草駅へ行くのも億劫なので、少し気になっていたゲームセンターを併せて巡ることにした。




2014_0815a

高田馬場駅近くのゲームセンター高田馬場ミカド
(営業時間等はリンク参照)

この店は元々西武新宿駅の近くで「新宿ミカド」として営業していたが、ビルの老朽化に伴い2009年に高田馬場へ移転した。
新宿ミカド時代は連休のたび遠征してきた地方の知人らと来ていたが、移転してからはご無沙汰していた。

あいにくこの日知人はおらず、R-TYPEやドルアーガの塔など懐かしのアーケードゲームを3時間ほど遊んで店を後にした。
なおこの辺一帯は、かつて早稲田予備校に通っていたときに散々歩き回り、裏道に至るまで詳しく知っている。





2014_0815b

17時過ぎにミカドを出て、地下鉄を乗り継いで浅草へ。
浅草駅はかれこれ5年ぶりで駅の入口が今風に改装されていた。

しもつけ号の発車まで時間があったので駅の周辺を散策していると、珍しい形をしたバスが走っていたり視覚的に楽しめた。
とはいえ、たまにだから楽しめただけで、こんな雑多な所にしょっちゅう来るのは嫌だし、人の多い所は生理的にダメだ。





2014_0815c2

発車5分前の18時25分、しもつけ号が入線。

これを始発駅の浅草から終点の東武宇都宮まで乗り通す。夜に都内から宇都宮へ行き、2時間ほど滞在して埼玉に戻るというのも強行軍だが、予定ではJRの終電には間に合いそうだ。

浅草での乗車率は5割ほど。車両はぼろいのに案外乗客が多い。
停車駅は浅草から順に「とうきょうスカイツリー」→「北千住」→「春日部」→「栃木」→「新栃木」→(東武宇都宮線)→「壬生」→「おもちゃのまち」→「江曽島」→「東武宇都宮」で、終点には20時22分に到着する。





2014_0815d

以下、乗り鉄メモ。乗るときの参考にして欲しい。

2014年8月15日(金):盆休み 特急しもつけ281号 東武宇都宮行き

→とうきょうスカイツリー駅:予想に反し、乗客ほぼゼロ。
→北千住駅:予想通りの大量乗車。乗車率100%の満員御礼。
→春日部駅:通勤用途の人たちが下車。乗車率7割ほどに。
→栃木駅:メイン層の家族連れが大量下車。乗車率3割ほどに落ち着く。
以下停車駅ごとに下車し、江曽島発車時は乗客10数人ほどだった。





2014_0815d2

乗り鉄メモの続き。座席編。

シートはリクライニング機能無し。なお私の座席は体重を掛けるたびにベコンと背中のあたりの鉄板がへこむ音がした。フットレスト付き。

シートピッチはご覧の通り狭い。狭すぎる。狭くて足を伸ばせないので膝はほぼ直角に折り曲げる格好になる。

テーブルは収納式が通路側と窓側の座席背面、また折り畳み式の細長テーブルが窓側にある。したがって窓側は収納式・折り畳み式のいずれかを選択して使用できる(同時には使用できない)。

今回、北千住-春日部以外は隣に誰も座らなかったが、それでもしんどかった。足元は窮屈だし体を倒せないし、越谷辺りから暗くなって車窓も楽しめなかった。向かい側の通路側に座っていた家族連れのお父さんも本当につらそうだった。夜行バスに似たしんどさを感じた。

スノーパル(尾瀬夜行)ではこの車両が運用される。
この列車で会津高原尾瀬口駅まで行って車内で仮眠を取るのは、私にはただの苦行にしか感じない。かつて夜行バスで一度も眠れたことのない私では、この座席では絶対に眠れないと断言できる。





2014_0815e

定刻20時22分、終点東武宇都宮駅に到着。
座席は悲惨だったが東武宇都宮線内のローカルな雰囲気は良かった。

特急料金は乗り通しで820円(運賃は1,200円)。
乗り通しは苦行だったが、春日部までなら料金310円、乗車時間は浅草から35分、北千住から20分で済むので、埼玉県民が都内から帰るときや通勤ライナー目的なら利用価値は高いと思う。





2014_0815f1

ゲームセンターつるまきまで、てくてくと歩く。距離は約3km。
蒸し暑いので信号待ちで立ち止まるたびに汗が吹き出る。

地図は一応持参したが、一部の交差点名しか書かれていない恐ろしくアバウトな地図で、しかも駅周辺は道路が碁盤の目のようになっていて、なおかつ夜なので迷子にならないよう慎重に歩いた。

写真はJR宇都宮駅西口付近。
8年前に太田原へサイクリングしたときも同じ場所を撮影した(↓)。白木屋とセブンイレブンは変わらず営業しているようだ。
この日は朝4時半に家を出て往復230km走った。もう今は無理。


2014_0815f2






2014_0815g1

先月に続きゲームセンターつるまきへ。
先月は知らなかったが、つるまきは8月17日をもって閉店するらしい。

それを知ったこともあって今回再訪した。





2014_0815g2

時刻は21時過ぎ。
隣りは国道4号線だが、夜なので車も歩行者もまばらだ。

店内に入ると客は10数人ほどで、一部のゲーム筐体は閉店に向けて片付けられ始めていた。それが一層、無常感を誘った。





2014_0815g3

2014_0815g4

店の入口には手書きのイラストを交えたポップ類が貼られていた。

この手のポップ類はマニア寄り、オールドゲーマー寄りのゲーセンによく見られる傾向だ。こういった店は良くも悪くも彼ら固定客の意向や趣向に染まりがちで、それに振り回されれば経営を悪化しかねないのが世の常だ。

マニアを大事にしすぎれば先細りになる。だからと客層を広げれば新台などの設備投資がかさみ経営を圧迫する。いまやゲームセンターの経営は「リスク多くて旨み無し」とまで言われるようになった。

そこへ4月の消費税増税が追い討ちを掛けるかたちになった。
「たった8%がゲーセンの経営を圧迫?」と思いそうだが、ゲームセンターは「1プレイ100円」という料金固定制の営業方式を採り、両替機等もそれにならっているため、増税分をプレイ料金に転嫁できない。「1プレイ108円」または「1プレイ110円」と半端な料金設定にはできないのだ。だからといって1プレイ200円にすれば誰もプレイしない。しかも食品や雑貨のように、値上げをしない代わりに量を減らしたり質を落とすといったことができない。

現在それらの問題を解消するため、プレイ時間に応じて料金を設定する「時間課金制」を導入し、店の収益の底上げを図る動きがあるが、機器の導入など問題点が多く、解決への道のりは険しそうだ。

つるまきの閉店の原因は不明だが、おそらく消費税の増税がひとつのきっかけとなったことは間違いないだろう。





2014_0815h

つるまきを30分ほどで後にし、途中の24時間スーパーで弁当を購入し、JR宇都宮駅から21時47分発の列車に乗り込んだ。
宇都宮駅東口付近では、急いでいるのにポン引き連中が声を掛けてきて鬱陶しかったが、昔に比べてポン引きもずいぶんおとなしくなったというか、しつこくなくなった気がする。たまたまかもしれないが。


この日はJRに対して不満が募る一日になった。
お盆休みなのに「平日」という理由で普通列車のグリーン料金に平日料金を適用している(平日のほうが高い)。いっぽう特急や新幹線の指定席等は「平日」でも繁忙期と称して割増料金を取っている。
こういうのをダブルスタンダードというのではないだろうか。

続いてグリーン車のアテンダントの態度。
乗客が少ないから地が出たのか、単に巡り合わせが悪かったのか、タメ口で応対されるわ、渡したお金を何度も落とすわ、今までで最悪だった。不快なサービスはありがた迷惑。そんなサービスは最初から無いほうが良い。普段はグリーン席に乗るとアテンダントから飲み物を買うが、この日はさすがにその気にはならなかった。





2014_0815h2

小山駅で両毛線接続のため数分停車し、22時54分に新白岡駅へ。

駅から自宅まで、静まり返った夜の道を自転車で走っていると、ものすごい快感というか、嬉しくてたまらない気分になった。大型連休は寝起き時間を気にせず、夜中に自転車を漕ぐのも楽しそうだ。


以下、乗り鉄情報
2014年8月15日(金):盆休み 宇都宮駅21時47分発上野行き(690M)
宇都宮駅での乗車率:グリーン席10%未満、ほか30%ほど
新白岡駅下車時の乗車率:グリーン席15%ほど、ほか90%ほど

グリーン料金が割高(平日料金:宇都宮→新白岡980円)なので、普通車にしようとも考えたが、新白岡下車時に車内を見たら普通車はほぼ満席だった。グリーン席にして結果的に正解だったのかもしれない。

|

« 思川サイクリングロード ~ 栃木駅(輪行) | トップページ | レトロ自販機店「まんぷく」 »

コメント

宇都宮のゲームセンターの画像検索をしていたところ、こちらのブログを発見いたしました。
掲載されている写真の風景があまりにも懐かしすぎて思わずコメントです。


私は、学生時代から7年ほど前まで宇都宮に暮らしていました。
当時リズムゲームにはまっていて、友人は皆ゲーム仲間。
待ち合わせをせずとも、市内のゲームセンターであれば誰かしら知り合いがいて、会ったらその流れで遊ぶという堕落した毎日を送っておりました。

しかし、ここ10年ほどでアレックス、リブレ、コスモA7、ケアンズ・・・軒並み思い出の場所は閉店していってしまい、まさかつるまきまでもが無くなってしまうとは。

現在私はは西日本に暮らしているのですが、ゲームセンターに行こうと思っても近所にはなく、地元の知人にたずねてみると、こちらでも次々とゲームセンターが閉店していってしまっているそうです。

不景気、少子化、家庭用ゲームやスマホゲーの台頭、色々と要因はあるのだろうとは思っていましたが、なるほど消費税の引き上げは価格設定の変更がしにくいゲームセンターにとっては大ダメージなのでしょうね。


ついつい、懐かしさとやり場のない無常感にまかせて、他人様のブログで私事ばかりのコメントになってしまいましたが、貴重な画像と記事を載せてくださり本当にありがとうございました。

これからもお体に気をつけて事故のないよう頑張ってください!

投稿: W | 2015年7月19日 (日) 22時28分

初めまして、コメントありがとうございます。
私は埼玉の住まいで宇都宮には詳しくないのですが、今回コメントを拝見して宇都宮のゲーセンへの思いが伝わってきました。

私事で恐縮ですが今年2月、10年ぶりにゲーセン仲間と再会し再会を喜び合いました。Wさんは現在西日本にお住まいとのことですが、当時の仲間とのご縁が深ければきっと再会するチャンスはあると思います。

なお現在宇都宮はブラボ宇都宮(http://www.namco.co.jp/am/loc/utsunomiya/)が一番活気があるようです。もしかしたら当時の仲間とも再会できるかもしれません。こちらへお越しのときは立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

それでは仲間たちとの再会をお祈りして。

投稿: shige | 2015年7月20日 (月) 06時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特急しもつけ完全乗車ほかゲーセン巡り:

« 思川サイクリングロード ~ 栃木駅(輪行) | トップページ | レトロ自販機店「まんぷく」 »