« R4側道 ~ 田川サイクリングロード ~ 東武宇都宮駅(輪行) | トップページ | 利根川サイクリングロード ~ 刀水橋 ~ 太田駅(輪行) »

2014年7月30日 (水)

心電図検査その2

5月に医者に行って問題無しと診断された心電図異常。

6月末頃から、どうも左胸付近にかすかな違和感を覚えるようになったので、先週末に別の病院で検査してもらったところ、「心電図の波形が心筋梗塞の初期症状に似ている」との医師の所見だった。

そんな馬鹿な!と後頭部を斧で殴られたようなショックを受けつつ、「どういうことなのか」と詳しく伺うと、そもそも心電図は心臓が鼓動する際の微弱な“電気”を身体に着けた吸盤でキャッチし、それを波形として表示するものだという基本的な説明を受けた。そして心電図の欠点として、先天的な理由等で心臓の位置や角度が一般的なそれと異なる場合、心臓から吸盤までの距離も当然異なるため、電気が吸盤に到達する距離や、映し出される波形も正常のものとは異なる可能性が生じてくるとのことだった。

要するに私の場合、「心筋梗塞の初期症状」または「心臓の位置・角度が他の人と異なる」のどちらかである可能性が高いとのことらしい。
そしてそれを確かめるには超音波を当てて心臓の断面を確認すればいいそうなので、さっそく検査の予約を入れてもらった。

どちらにしても健康には大した影響は無いそうだが、心臓への負担を軽減するため山登りやサイクリング禁止(または大幅に制限)とかになったら、そちらのほうがむしろ重大かもしれない。

|

« R4側道 ~ 田川サイクリングロード ~ 東武宇都宮駅(輪行) | トップページ | 利根川サイクリングロード ~ 刀水橋 ~ 太田駅(輪行) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心電図検査その2:

« R4側道 ~ 田川サイクリングロード ~ 東武宇都宮駅(輪行) | トップページ | 利根川サイクリングロード ~ 刀水橋 ~ 太田駅(輪行) »