« 秩父林道~1183mピーク~川浦谷(バリエーションルート途中リタイア) | トップページ | 横隈山 - SLパレオエクスプレスで家路へ - »

2013年12月 1日 (日)

レトロ自販機店「オレンジハット沖之郷店」

午前勤で時間が中途半端だったので、以前から気になっていた群馬県太田市のレトロ自販機店「オレンジハット沖之郷店」に行ってみた。



2013_1130a

最寄り駅は東武伊勢崎線福居駅(駅から2.5km)。ただし福居駅は特急が止まらないので今回は足利市駅から歩いた。距離は4.2km。

※地図などの詳細情報は最後に記載しています




2013_1130c1

足利市駅から歩く場合、駅南口から県道38号線をまっすぐ行くだけなので分かりやすいが、目的地に着くまでの間、車道を走る車の走行音が一度も途切れなかったほど車の往来が多かった。

典型的な車社会なので歩いて行くにはあまり心地がよくない。
こういうお店は昭和を思い出しながらのんびりと向かい、昭和の余韻に浸りながらしんみりと帰りたい。




2013_1130c3
2013_1130c2

ここオレンジハットは、レトロ自販機やレトロ台(パチンコ・パチスロなど)を愛するマニアの間では有名で、特にレトロ自販機は“御三家”といわれている「ハンバーガー」、「そば・うどん」、「トースト」の自販機が揃い踏みする、稀有な店であることが知られている。

群馬県伊勢崎エリアはレトロ自販機の聖地といわれている。
ドライブイン「オレンジハット」を展開する株式会社ミトミのお膝元であることがその理由で、伊勢崎エリアのオレンジハットだけでも沖之郷店や藪塚店など、数店が現在も営業を続けている。




2013_1130d1

店内。右側の入口から撮影。

脱衣麻雀やパックマンなどのビデオゲーム機の横には比較的新しい通信麻雀ゲーム台とパチンコ・パチスロ機、さらに隣には店員用カウンターとUFOキャッチャー、そして奥にはレトロ自販機が並んでいる。

ビデオゲームは1990年代の脱衣麻雀、上海などのパズルゲーム、そしてシューティングゲームにストライカーズ1999が設置されていた。

パチンコ・パチスロは詳しくないが、わりと最近の機種が置かれているようで、少なくとも私が知っている4号機時代のスロットや、セブン機といわれた昔のパチンコ台は置かれていなかった。

土曜日午後4時の訪問だったが、客は大型ドライバー1人と地元と思われるおじさん2人だけだった。店の外にはなぜかタクシーが停車していた。




2013_1130d3

そば・うどんの自販機とうどん・ラーメンの自販機。

もちろん現役で稼動しており、代金(※300円)を入れれば製品が出てくる。
16時時点では売り切れはなく、全て購入できた。

そば・うどんの自販機は、30年前の中学生時代、当時周辺では浦和にしかなかった料金1,000円の床屋に寄ったついでに、ロヂャース浦和店の横に設置されていた自販機コーナーでよく利用していた。
自宅付近の床屋は軒並み2,000円ほどしたので、お金の無い中学生の私は練馬から浦和まで自転車で往復30km漕ぎ、床屋で浮かしたお金で自販機のうどんやロヂャースでの買い物をするのが限られた楽しみだった。

※2014年8月再訪時は330円に値上げされていた




2013_1130d2

左からハンバーガー自販機、トーストサンド自販機。さらに右には日清のカップ麺の自販機が見える。

今回の訪問の目的はハンバーガーとトーストサンドを食べること。
そして自販機に代金を投入してから製品が出てくるまでの、あの懐かしい動きを観察することである。




2013_1130e1

まずはハンバーガーの自販機から。
代金(※200円)を投入して製品を選ぶと左の「加熱中」の赤ランプが点灯し、加熱が終わってランプが消えると製品が下から出てくる。

写真に釣られてベーコンポテチーバーガーを購入。他のメニューは「チーズバーガー」と「大辛バーガー」の二つ。

※2014年8月再訪時は220円に値上げされていた




2013_1130e2

製品はフィルムと白い箱に包まれて出てくる。

見た目は昔ドライブインで食べたハンバーガーそのものだった。外箱は白い箱ではなく、製品名と変な柄がプリントされていた記憶がある。

※2015年5月に群馬県太田市のドライブインセゾンに訪れた際、ハンバーガーの箱がレトロな写真と絵がプリントされていた。(記事)




2013_1130e3

味は普通に美味しく、肩透かしを食らった。

熱でシワシワになったパンズは昔を忠実に再現していた。
とはいえレンジの加熱不足や加熱ムラでハンバーガのあちこちが凍っていた昔のそれとは違い、全体的にまんべんなく熱が通っていたのが一安心であり、少々残念でもあった。




2013_1130f1_2

トーストサンドの自販機。

子供の頃、ハンバーガーの自販機はあちこちで見かけたのにトーストサンドの自販機は滅多に見なかった。そういうのもあって是非いちど稼働状況を観察し、食べてみたいと思っていた。

代金(※220円)を投入して製品を選ぶと左の「加熱中」の赤ランプが点灯し、加熱が終わりランプが消えると下から製品が出てくる。

※2014年8月再訪時は220円に値上げされていた




2013_1130f2

この日のメニューは「ハムチーズトースト」と「ピリ辛トースト」。

代金を投入して製品を選ぶと、右の「トースト中」の赤ランプが点灯し、40秒ほど待つと製品が加熱されて下の取出口から出てくる。アルミホイルに包まれているが、素手で持つとかなり熱い。




2013_1130f3

「ピリ辛トースト」。6枚切りの食パンをさらに二つに割ったような薄っぺらいパンにハムとバターと胡椒のようなものが挟まれている。食べるとほんのり辛く、こちらも普通に美味しかった。

今回、初めてレトロ自販機巡りをしたが、年季の入ったマニアになると全国のレトロ自販機店を巡るだけでなく、昔のオリジナル自販機と比べてどこが改造されているかまで分かるそうだ。

レトロ自販機は外観は当時のままに見えたが、製品の一部が凍っていなかったり、普通に美味しかったりで中身はほぼ別物だった。
商売人の現実的な目で見れば当然の選択だが、一時的なノスタルジーに駆られたにわか中年には少し淋しく感じた。


★オレンジハット沖之郷店(地図)
・群馬県太田市沖之郷町448-4 0276-46-8050
・24時間営業(ゲームコーナーは24時まで)
・レトロ自販機:ハンバーガー、トーストサンド、うどん・そば、うどん・ラーメン、ほか日清食品カップ麺自販機など(2013年11月30日現在は全て稼動)
・最寄り駅:東武伊勢崎線福居駅(約2.5km)
※東武伊勢崎線県(あがた)駅から農地や川沿いを行けば静かに行けそうなので、機会があれば歩いてみたい。

|

« 秩父林道~1183mピーク~川浦谷(バリエーションルート途中リタイア) | トップページ | 横隈山 - SLパレオエクスプレスで家路へ - »

レトロ自販機店巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レトロ自販機店「オレンジハット沖之郷店」:

« 秩父林道~1183mピーク~川浦谷(バリエーションルート途中リタイア) | トップページ | 横隈山 - SLパレオエクスプレスで家路へ - »