« 物欲親父 | トップページ | 会津 七ヶ岳(羽塩登山口~縦走路) »

2013年10月 5日 (土)

製品レビュー:Canon PowerShot A1400

2013_1005b
■メーカー/ 製品名 : Canon(キヤノン)  /  PowerShot A1400
■レビュー執筆(加筆)までの使用期間 : 約2ヶ月
■製品内容 : カメラ、ストラップ、保証書等
■主な仕様 : 1/2.3型CCD、約1,660万画素、画角:28-140mm(35mm換算)、サイズ:94.7×61.7×29.8mm、重量:174g(電池込み)、セルフタイマー:2秒・10秒・カスタム(1秒刻み 15秒まで)

【購入のきっかけ】
前機Nicon COOLPIX L11の描写や性能に満足できなくなり購入を検討。登山やサイクリングなど荷物を少なくしたいときのために購入した。

【比較した製品】
他メーカーの様々な製品と比較したが、最終的に以下の条件を満たすことを購入の指針とした。

①10,
000円以内(高くても送料・手数料込み15,000円以内)
②タイマーに10秒と2秒の設定がある

③電源が単三電池
④画素数が多すぎず少なすぎない
⑤露出、ISO、SS、AF・AEロックなど一眼レフに近い撮影ができる


★長所・短所
○上述の条件全てを満たしていること

①はコジマネットで送料・手数料込み10,000円だったので合格。

②は10秒はセルフ撮影に必要、2秒は三脚使用時の手ブレ防止+テンポを重視した撮影に必要。ちなみにニコンの低価格帯のコンデジはタイマーが10秒しか設定できないものが多く、なぜタイマーの設定で上位機種と差をつけるのか理解に苦しむ。

③は汎用性が高いから。
専用バッテリーの予備なんか買いたくないし持ちたくない。

④はそれなりの画質を確保しつつPCへの取り込みを楽にするため。

⑤は絞りはともかく、せめて他は一眼並みにいじくらせろという私の願望から。ちなみにAFロックは便利だが操作しにくく指がつりそうになる。

×操作系統に直感性や一貫性がない
操作性は最悪。キヤノン製品の特徴として性能(特にカタログスペック)は優秀だがパッケージが貧弱で操作性が悪いという傾向が私には見て取れる。

具体的には、最も使用頻度が高い背面のドーナツ型の4ボタンの機能の役割が撮影モードごとに変わること。これが直感性を損ね、誤操作を招きやすくなっている。またボタンが小さく薄いため押しにくく、急いでいるときなどは先の誤操作と相まってかなりイライラする。

なおドーナツ型4ボタンは左から時計回りに「省電力モードのオンオフ」、「オート/マニュアル撮影の切り替え」、「フラッシュのオンオフ」、「画面モードの切り替え」となっており、「省電力モード」と「画面モード」の二つは撮影時に必要な項目ではないので、4ボタン上に配置するのはまったくの不適当である。

ちなみにニコンのCOOLPIX L11の4ボタンは、同じく左から時計回りに「タイマー設定」、「フラッシュ」、「露出」、「マクロ」となっており、どれも撮影時にすぐに使用する項目が割り振られている。また現行機種についても主要なボタンには撮影時に使用頻度の高い機能が優先的に割り振られている。

キヤノンはスペックを追求するのはいいが、こういった基本的な部分をおろそかにするから好きになれない。

★その他注意点
・電池ボックス(兼メディア挿入口)のカバーが貧弱。取り扱い注意。
・フラッシュ光がきつく白飛びしやすい。要露出補正。
・説明書はキヤノンのサイトからダウンロードする(製品には付属してない)





2013_1005c

裏面。
ボタン類は小さくて押しにくい。特にドーナツ型のボタンは親指の爪で正確に押さないと押し間違えやすい。

写りについては主観が入るのでここでは言及しないが、コンデジの宿命としてダイナミックレンジが狭く、ノイズは乗りやすい。特に薄暗い山中で木漏れ日を浴びた森林を撮影するときなどがダメで、ハイライトが飛びやすいうえ、絞れずスローシャッターが切れないため、勝手にISOを上げられノイズが乗りやすくなる。当然、後処理で露出をいじくるとさらにノイズが乗るので、撮影時点で意図した露出どおりに撮れなければ、いわゆる“作品作り”はできないと思う。

なお記録撮影が目的なら何の問題はない。
起動や撮影はすばやく、ズームも程々あり、コンティニュアスAFやサーボ機能で動体もそこそこ追えるし、オートなら大きく露出が狂うことはない。また日中の日差しが強いシーンでも(おまけ程度だが)ファインダーがついているので、とりあえず撮るだけの用途なら充分に事が足りる。

|

« 物欲親父 | トップページ | 会津 七ヶ岳(羽塩登山口~縦走路) »

カメラ(レビュー)」カテゴリの記事

コメント

仕事用に常時携帯しているカメラが壊れ、ファインダーつきの安いカメラを探しているとき、参考にさせていただきました。電池駆動のファインダー付きカメラは希少価値が付いているらしく、アマゾンから12980円で購入いたしました。
おっしゃるように、記録用途ならば、問題はないカメラだと思います。
仕事で使うには、各メーカーで電池駆動式のファインダー付きカメラで安いものをこれからも、是非とも作ってもらいたいと思います。
使い方は荒っぽくなりますし、壊す確率も上がりますので、高機能でなくても良いですから、明るい場所で狙った場所を確実に撮影できて、電源に困らないコンパクトで使いやすく、安いものをお願いしたいです。
このページは大変参考になりました。
感謝申し上げます。

投稿: タカギ | 2014年2月23日 (日) 10時21分

管理人のshigeと申します。
ご来訪とコメントありがとうございます。

仕事用だと急いでいることが多いでしょうから、鏡胴の伸縮が割りと早くてスムーズな点も利点かもしれませんね。

電池式のカメラを要望されることについては同意見です。専用バッテリーは軽量で持ちが良いなどの利点はありますが、他の電気製品と兼用できないので受け入れにくいですし。

たまに気まぐれで書いているつたないレビューですが、お役に立てれば幸いです。またのご来訪をお待ちしています。

投稿: shige | 2014年2月23日 (日) 13時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 製品レビュー:Canon PowerShot A1400:

« 物欲親父 | トップページ | 会津 七ヶ岳(羽塩登山口~縦走路) »