« GW旅行その2 - 桜の公園・桜の駅舎 - | トップページ | 山万ユーカリが丘線 »

2012年5月 4日 (金)

GW旅行その3 - 夜の秘境駅 -

その2からの続き。これが最後の記事です。
28日(土)の夕方、真岡からR6に出ていわきへ。


いわきの銭湯で汗を流し、一休みしてから磐越東線の江田駅へ。
江田駅は昨夏に18きっぷで訪れた。磐越東線で最も秘境色が強い駅なので、いつか再訪したいと思っていた。

それも早朝か夜。江田駅がいつもと違う顔を見せる時間帯に…





20120428d1

深夜の江田駅。まるで異世界の入口のような雰囲気が漂っていた。

周りには民家が数件あるだけで、獣のうなり声がしているにもかかわらず、こんな雰囲気を期待していた私の心は嬉しさでいっぱいだった。






20120428d2

駅待合所付近にて。おぼろ月は露出が難しい。

露出に苦しみながら深夜の無人駅を黙々と撮る中年の男…。
いつ警察を呼ばれてもおかしくない状況なのに、辺りは警察を呼ぶ人はおろか、交番すらないので、その心配は不要だった。






20120428d3
20110814f

左の茂みからずっと獣のうなり声がしているので臨戦体勢は崩せない。何か飛び出してきたら三脚で応戦する体勢を取りながら撮影する。

ちなみに下は昨夏18きっぷで来たときの江田駅。立ち位置や画角が異なりるがミラーの位置などで何となく構造は分かるはず。






20120428d4

もし獣が襲ってきたら、顔にライトを当ててひるんだ隙に三脚を振り回す手筈だったので、長時間露光中に出てこられるとまずかったのだが、なんとか無事に撮影を終えることができた。

写真は江田駅のホームからの夜空。
星が小さいので拡大しないと見えないかも。






20120428h1


…で、2日目(4/29:日曜)の夜。
喜多方で夜を明かし、湯野上温泉駅に寄って秘境駅の男鹿高原駅へ。

男鹿高原駅はそれなりに列車が来るし、駅構内はわりと綺麗で秘境らしさを感じなかったが、駅周辺はなかなかの秘境で、最初は駅入口が分からず、何度か行き過ぎてしまった。






20120428h2

東武本線の駅名や運賃が入っていた路線図を見ると、なおさら身近な印象を受ける。ちなみに秘境駅だけあって駅ノートが備えられていた。

せっかくなのでノートに記念書き込みし、最終列車を見届けた。






20120428h3
318列車(上り最終列車:普通「東武日光行き」) 男鹿高原(2012年4月29日)

20120428h4
313列車(下り最終列車:普通「会津高原尾瀬口行き」) 男鹿高原(2012年4月29日)


「秘境駅で最終列車を見送る」

これこそが無人駅や秘境駅における極上の楽しみ方だと思う。
終電を見送り、少々の名残りを残しながら引き上げるのがまた良い。

もっとキチンと撮れば良かったなと思いつつ、奇麗に撮るために来たんじゃないからこれで良いやと思いなおして帰路へ。

…以上、総走行距離880km、二日間の旅が終了。
夜から深夜にかけて移動し、深夜から夜明けまで寝るという結構ハードな旅だったが、疲れや眠さはあまり感じなかった。

|

« GW旅行その2 - 桜の公園・桜の駅舎 - | トップページ | 山万ユーカリが丘線 »

秘境駅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GW旅行その3 - 夜の秘境駅 -:

« GW旅行その2 - 桜の公園・桜の駅舎 - | トップページ | 山万ユーカリが丘線 »