« 大井川鉄道再訪(家山) | トップページ | E491系イーストアイ »

2010年4月11日 (日)

SLばんえつ物語号(一の戸橋梁~喜多方濁川付近)

今週土曜(4/10)は18きっぷ最終日。
日帰り可能でSLが撮れる磐越西線へ。

今日は一人旅なので荷物が増えるけどマンガ本を持参した。

マンガ本は松本零士の「千年女王」。
SL絡みで999にしようと思ったけど999はすぐに読み終わるので、なるべく読むのに時間がかかって、鈍行地獄の苦痛を長く緩和できそうな千年女王にした。





20100_0410_01_220100_0410_02_2

【東北本線】
新白岡5:53
→→宇都宮6:51-56→→黒磯7:47-51→→郡山9:01-43

【磐越西線】
郡山9:43→→会津若松10:54-11:01→→山都11:28

先週に続いて長い道のりを辿り、磐越西線山都駅に到着。
全区間座れたものの黒磯→郡山が混んでいてしんどかった。

山都駅はばんえつ物語の名撮影地「一の戸(いちのと)橋梁」の最寄駅。





20100_0410_03

山都駅から徒歩20分ほどで一の戸橋梁へ。
通過1時間前に現地に着いたが、既に多くのSLファンがいた。

はじめは河川敷を歩いてポイントを探し回ったものの、置き三脚を避けるとどうしても電線や枯れ木が掛かり、雪山をバックに入れられないこともあって近くの高台に移動。高台の上は狭く、地元の人ともう一人が既に場所をキープしていたが、左のスペースが空いていたので入れてもらった。





20100_0410_04

SL通過までは地元の人らと雑談や情報交換して過ごした。

通過20分前になり、そろそろ構図でも……とファインダーを覗くと気が変わって右側のS字カーブを一緒に入れたくなってきた。それを盛り込んだのがこの写真。





★ばんえつ物語(上り) - 一の戸橋梁 -

20100_0410_05

致命的とまでは言わないものの、構図を変えたことで線路(橋梁)に対してカメラが直角寄りになったため、広角にしないと編成全てが収まらなくなった。そのため焼き山が小さくなって何を撮ろうとしていたのか分からない写真になってしまった。

今さら言っても始まらないが、最初に
橋梁上の編成を撮りたいという思いがあり、それからSLと雪山に惹かれてこの場所を選んだのだから、それ以外の要素は後回しにしなければならなかった。





20100_0410_06
20100_0410_07

下りを撮る前に確かめたいことがあったので会津若松へ。

以前からもしかしたらと思っていたが、快速あいづライナー号はやはり485系の赤べこ車両でした。だからどうした?と言われると困るのだが、赤べぇはgamiさんが好きな列車だし、臨時列車だと思っているらしいので、せっかくだから確かめてあげようかと。





20100_0410_07a

SLばんえつ物語の客車。7両編成で4両目は展望車。
これを撮った後、返しの撮影のため喜多方駅へ。



喜多方駅を北に向かい、信号機がある最初の交差点で左折し県道16号へ。
県道16号を山都方面に歩き、「県道16号が左に逸れる交差点」では
県道16号(左折)ではなく直進する。歩道の無い橋(濁川)を渡り、4本目の舗装路を左に曲がると細い舗装路の先に踏切があるので、その辺一帯が撮影ポイント。




★ばんえつ物語(下り) - 喜多方濁川付近 -

20100_0410_08

構図とピントはまあまあだったのに煙がイマイチでした。
いつもこう。いつも何かが欠けてしまう。


帰りは喜多方駅始発17:43の列車で郡山へ。

会津若松→郡山間と
郡山→白河間は立ち客が出るほど混んだ。
郡山は南北の中核駅で、なおかつ東西エリアのターミナル駅となっているので、郡山エリアだけがやたらと混雑し、そのエリアを離れると途端に閑散とするのが、実際電車に乗ると、よく分かる。

黒磯と宇都宮で乗り換え、23時前に新白岡駅に到着。
18きっぷ最後の日だからか、普段の土曜より混んでおり、乗客もほとんどが18キッパーらしき人たちだった。





20100_0410_09

18きっぷは全部使い切った。
中身の濃い一ヶ月になり、疲れたけど大満足だった。


■1回目  3月13日 大井川鉄道SL撮影(単独)
■1回目  3月27日 「豊原~白坂」鉄道撮影地調査(単独)
■3.4回目 4月03日 大井川鉄道SL撮影(2人)
■5回目  4月10日 ばんえつ物語SL撮影(単独)






20100_0410_10

翌4月11日は5時40分起床。
久喜駅北部を調査するつもりだったが、面倒くさくなり中止。
代わりに先週の「沙汰踏切」から久喜駅までを調査。

カシオペアは時間が無かったので「江面第一小学校踏切」そばの砂利道から撮影。電柱が多いわ、露出はミスるわ、パンタは切れるわで最悪だった。誰が見てもゴミなので載せないが
ケツの客車がE26じゃなかったので一応それだけ掲載。





20100_0410_11


『しょうがないから北斗星の流し撮りで自爆するか』…と、さきほどのポイントから少し南の空き地で流し撮りをヤケ糞で決行。

ところが、こういう日に限って
北斗星がカシオペアカラーで来る。流し撮りだとカシオペアカラーの北斗星ヘッドマークが撮れない。なんという不運。

今さら編成撮りに変えるのは無理なので強行。
これがカシオペアカラーの北斗星の証拠写真。

どりゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!





20100_0410_12

PCの画面を見てガッツポーズ。カシオペアと間違われてしまうのがネックだが、成功したのでまあ良しとしよう。

|

« 大井川鉄道再訪(家山) | トップページ | E491系イーストアイ »

鉄道(青春18きっぷ)」カテゴリの記事

コメント

とうとう行ってしまいましたね。
私は 土曜は Nゲージの「北斗星 Bセット」 を探してウロウロしてました。
結果、オフハウスにてGET!

ちなみに 今日は、ソフトボールの試合後、ワシクリに行こうと思ってましたが、
ソフトボールをがんばりすぎて 疲れてしまい やめました。

ちなみに、「あかべぇ」は持ってます。「ばんえつ物語」 も 持ってます。

私を会津に連れてって!!!

PS, [あ」 があと四つ足りませんね。(笑)

投稿: gami | 2010年4月11日 (日) 16時41分

おかげ様で、18切符を使いきることができました(^^)

gamiさんの好きなあいづライナーは、快速列車なので乗車券だけで乗れるんですが、
電車でSLを撮りに行くときは、発車方向や時間帯の都合で乗れないのがネックです。
ただ、上りSLだけ撮って、その後の下りSLを捨てるつもりなら、今回私が取ったルートで
あいづライナーに乗ってそのまま郡山に帰ることもできますが…

どうするかは…まあ、冬までに決めておきましょう(笑)

投稿: shige | 2010年4月12日 (月) 06時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SLばんえつ物語号(一の戸橋梁~喜多方濁川付近):

« 大井川鉄道再訪(家山) | トップページ | E491系イーストアイ »